更年期障害への理解

なかよし親子

辛い症状、更年期障害かも

40代半ばから50代前半まで、女性の中には快適に生活するのが難しくなる人がます。この年代になると女性の卵巣の機能は衰えてきます。そして卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が減少します。そのため自律神経失調症を引き起こします。加えてこの年代の生活環境からくるストレスにより、体に様々な不調が現れます。これを更年期障害と言います。 症状としてホットフラッシュという顔ののぼせや発汗、手足の冷え等があります。また精神的に憂鬱な状態が続いたり、イライラが抑えられなくなったりします。不安によって症状が悪化してしまうことがあります。そうならないために更年期障害に対する正しい知識を持ち、生活のリズムを見直したり、ストレス解消を心がけたりすることが大切です。

明るく乗り越えるには

更年期障害の辛い症状により、不安でマイナス思考な毎日になってしまいがちです。反対に「気合が足りないからだ」と、頑張ろうとする人もいます。いずれの場合も無理せず、婦人科等の医療機関に相談することで更年期障害の辛さは軽減出来ます。薬の処方やカウンセリングで、個人に合わせて対応してもらえます。 日常の生活では体を冷やさないようにし、バランスのとれた食生活を心がけるようにします。適度に運動を取り入れるのもよいでしょう。十分な睡眠は自律神経を整え、症状を軽くします。また家族も更年期障害を理解し、思いやりの気持ちで協力することが大切です。 この時期は心身共に辛いものですが、いつか終わりはやって来ます。適した対処、生活習慣で前向きに乗り越えたいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加