自律神経失調症の原因

ごはんを食べる女性

症状と生活リズムの改善

自律神経失調症の症状は、様々な身体状態、精神状態で表れます。頭痛、頻尿、手のしびれといった身体の症状で表れるケースがあります。また、不安になる、恐れが出る、やる気が出ないといった精神状態で表れるケースがあります。自律神経失調症の原因になるのは、交感神経と副交感神経のバランスの乱れが原因になります。よって、自律神経のバランスを整える事が大事になります。朝早く起き、夜早く寝るといった規則的な生活リズムを整える事も大事な治療になります。また、決まった時間にきっちり食事を摂る事も重要な事です。日常生活の中で、安心・リラックスする時間を作る事は、自律神経のバランスを良くする方法です。例えば、仕事・家事等一切忘れて、音楽を聴きながら、読書する習慣をつけるといった事は、非常に効果があります。

ストレスの多い社会

現代人は、日中の生活の大半において、ストレスを抱えながら生きています。会社では、仕事のプレッシャー、会社の人間関係の不自由さ等でストレスがかかります。また、幼少期からストレス社会の中で育っていると言えます。小学校、中学校受験、あるいはそれに伴って、夜遅くまでの塾通い、小学校からいじめの問題もあります。このように、大人、子供に関わらずストレスがかかり、自律神経のバランスを崩し、いつ、誰が自律神経失調症になってもおかしくない環境にあります。また、ストレスのかかる社会で生き、更に夜更かしをし、食事を抜くといった生活習慣の乱れが積み重なると、原因が複合的に重なってきます。ストレスがある社会でも、基本的な生活ルールをきっちり守る事は、確実に自律神経失調症の防止に繋がります。



このエントリーをはてなブックマークに追加